このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

国民健康保険税

更新日:2020年4月1日

国民健康保険税は、病気やケガなどをしたときに医療機関等で安心して受診していただけるよう、加入者の皆さんに負担していただくものです。医療費などに充てるための貴重な財源ですので納期限内に納めましょう。
便利で安心な口座振替で納めていただくこともできます。
国民健康保険は世帯ごとの加入になり、世帯主が納税義務者となります

国保税率表(令和2年度~)

国保税率(令和2年度~)について
区分 医療給付費分

後期高齢者
支援金分

介護納付金分
所得割額 6.0% 2.0% 1.3%
均等割額 20,300円 6,600円 5,900円
平等割額

特定世帯及び
特定継続世帯以外

14,600円 4,600円 3,100円
特定世帯 7,300円 2,300円
特定継続世帯 10,950円 3,450円
賦課限度額 63万円 19万円 17万円

注意

  1. 世帯員のだれかが後期高齢者医療に加入したため、国保に加入している人が1人だけになった世帯はその日から5年間(国保の被保険者や後期高齢者医療に加入したかたに異動があったときや世帯主の変更があったときは、その日まで)、医療給付費分と後期高齢者支援金分の平等割額が半額で課税されます(特定世帯)。また6年から8年を過ぎるまでの間は4分の3の金額で課税されます(特定継続世帯)。
  2. 医療給付費分と後期高齢者支援金分は、国保被保険者全員に課税されます。介護納付金分は40歳~64歳の国保被保険者の方に課税されます。

国保税の軽減

国民健康保険税は加入されている方の所得の状況により軽減になる場合があります。

国保税の軽減割合について
世帯主・国保被保険者・特定同一世帯所属者※の合計所得金額 軽減割合
33万円以下のとき 7割
【33万円+28.5万円×(被保険者数+特定同一世帯所属者)】以下のとき 5割
【33万円+52万円×(被保険者数+特定同一世帯所属者)】以下のとき 2割
※特定同一世帯所属者/国民健康保険から後期高齢者医療制度に移行された方。
  • 所得税(住民税)の未申告者がいる世帯は、上の表に該当する場合でも、国民健康保険税の軽減は受けられません。期限内の申告をお願いします。
  • 会社の倒産や解雇などにより離職されたときも国民健康保険税が軽減される場合がありますので、お問い合わせください。

国保税の納期

  • 普通徴収
期別 1期 2期 3期 4期 5期 6期 7期 8期 9期 10期
納付月 4月 5月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月
区分

暫定分
(4月送付)

本算定(7月送付)
  • 特別徴収(年金天引き)※
期別 1期 2期 3期 4期 5期 6期
納付月 4月 6月 8月 10月 12月 2月
※特別徴収(年金天引き)
以下の項目にすべて該当する場合は年金からの天引きとなります。
・国保に加入されているかた(世帯主を含む)の年齢が65歳から74歳のみの世帯
・特別徴収の対象となる年金の受給額が年間18万円以上
・介護保険料と国民健康保険税の合計額が年金額の2分の1を超えない

お問い合わせ

町民税務課

電話:0224-33-3001 

FAX:0224-33-3168

ページの先頭に戻る