このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから
サブナビゲーションここから
お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

サブナビゲーションここまで

映画上映会開催のお知らせ

更新日:2022年8月3日

錦織良成監督作品『高津川』を上映いたします。


ございんホールを会場に、5年ぶりとなる映画上映会を開催いたします。
今回上映する映画『高津川』は 2022 年2月11日(金曜日)より新宿バルト9ほか全国順次公開中です。
本作は 2020年4月3日(金曜日)に全国公開を予定しておりましたが、新型コロナウイルスの感染状 況ならびに新型コロナウイルス感染症対策本部において示された方針等に鑑み、公開を延期しておりました。

一級河川としては珍しいダムが一つも無い日本一の清流「高津川」を舞台に、人口流出に歯止めのかからない 地方の現実の中、歌舞伎の源流ともいわれる「石見神楽」の伝承を続けながらも懸命に生きる人々の日常の営みを、力強く描いた力作です。

主演は映画、舞台、ドラマにおいて、その存在感と確かな演技力で活躍し続ける甲本雅裕。本作品が劇場映画初主演となり、見事に無口で不器用な父親を演じきりました。表情や立ち振る舞いに繊細な感情の揺らぎが 感じ取られ静かに問いかけるような演技が見ものです。

更にヒロインには戸田菜穂、大野いと、田口浩正、高橋 長英、奈良岡朋子など実力派俳優が集結、等身大の姿で演じ切りました。
監督・脚本は『白い船』、『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』の錦織良成。本作『高津川』で描かれたのは「現代の日本の【どこにでもある物語。】」であり、音楽を聴くように、小説を1ページ1ページゆっくりと開いて読むように、スクリーンと心を通わせて観て頂きたいと、期待を込めます。

―当たり前だからこそ、忘れてはいけない、大切なことがある。―

一級河川「高津川」。ダムが一つもない下流まで透き通った日本一の清流。その流域で暮らす人々の問題や葛藤。それは、どこかの特別な話ではなく、誰にでも起こる、どこにでもあるもの。

「誇り」「伝承」「命」。何を守り、何を繋げ、どう生きていくのか。これは大切なものを守り、懸命に生きようとする人々の物語。静かなメッセージが心に迫ります。

開催日時

令和4年8月19日(金曜日)

午後6時30分開場、午後7時に上映開始いたします。

(上映時間:113分)

開催場所

主な出演

  • 甲本雅裕
  • 戸田菜穂
  • 大野いと
  • 田口浩正
  • 髙橋長英
  • 奈良岡朋子

入場料

無料
※ただし、入場整理券が必要です。

入場整理券の配布について

令和4年8月2日(火曜日)午前9時から、蔵王町ふるさと文化会館(ございんホール)にて入場整理券を配布しております。
※おひとりにつき2枚までとなります。

  • 隣の席との間隔を1席ずつ空けた状態で開催いたします。

新型コロナウイルス感染症対策について

公演の開催にあたり、下記の対策を講じて開催いたします。
皆様のご理解、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

  • 館内ではマスクの着用をお願いいたします。

  • 体調が優れない場合は来場をご遠慮ください。

  • 文化会館入館時にサーマルカメラによる体温確認を行います。
    ※基準値を超える体温の場合、入場をお断りします。

  • 入場整理券の下部にお名前、連絡先の記入をお願いいたします。
    ※記入いただいた個人情報は新型コロナウイルス感染症対策以外の用途には使用いたしません。

  • 上映会終了後に分散退場を行います。係員が最前列の方から順番に誘導しますので、ご協力願います。

  • 感染拡大の状況により、予告なく事業が中止となる場合があります。

詳細については、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。映画上映会チラシ(PDF:2,199KB)をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

生涯学習課

住所:〒989-0821宮城県刈田郡蔵王町大字円田字西浦5番地

電話:0224-33-2018

FAX:0224-33-2019

メールで問い合わせる

ページの先頭に戻る